夏バテを予防するにはどうする?原因と対策とは?

こんにちは。みつ豆です。

蒸し暑い日が続いていますね。暑い日が続くと

食欲も落ちてしまったり、なかなか体調管理が難しいですね。

でも、こういうときこそ、出来ればしっかり食事を摂って

元気に暑さを乗り切りたいところです。

夏バテ予防について。

以下の記事を参考にしてみてください。

夏バテの原因

そもそも夏バテになってしまう原因とは、どんなことなのでしょうか?

体温調整が出来ていない状態にあること

原因の1つに、自律神経の不調があります。自律神経には体温を調整する機能が

あるのですが、夏の時期は特に、クーラーの効いた室内と暑い外との温度差が

あり、調整が難しくなってしまうのです。

日本は湿度が高いこともあり、汗の蒸発を妨げてしまう環境にあります。

そのため、体内に熱がこもってしまい、疲れやすくなります。

水分が足りていない状態にあること

夏は暑くて汗をかきやすいので、水分をこまめに摂る必要がありますが、

汗をかいた分の水分を補給しなければ、不足してしまいますね。

そうすると、体に不調が起き、頭痛や嘔吐を引き起こすこともあります。

胃腸の働きが鈍くなった状態にあること

暑いときは、汗をかくために、体の表面に血液が集まるようになり、

皮膚の血管が広がるのです。その結果、胃腸への血流が少なくなります。

そうすると、胃酸も少なくなり、胃腸が疲れ、働きが悪くなってしまう

のです。そして、食欲不振に陥ってしまいます。

夏バテを予防するには

夏バテを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

朝ごはんを食べる

当たり前じゃないか!普通!のこと?ですが、大切ですね。

1日を元気に過ごすためのスイッチです♪

就寝中に下がっていた体温を上げてくれます。食べ物からしか

摂ることが出来ない脳のエネルギーを補ってくれるのです。

夏バテしないためにも、まずは朝ごはんを食べて生活リズムを整えましょう!

野菜を摂り入れると腸の働きが良くなっていいですね。

酸っぱいものを食べる

暑さや、だるさによって、食欲が落ちてしまいがちですが、

クエン酸を含む食材である、梅干しレモンを摂ってみてはいかがでしょうか。

これらは、疲労回復効果もあり、酸味が食欲を高めてくれます。

レモンについては、その爽やかな香りに、ストレスを軽減させてくれる効果、

安眠効果もあるとされています。

最近、子供が給食で出た、鶏肉のレモン煮が美味しかったと話してくれました。

理にかなった夏の給食献立、あらためて感心しました。

手間もそうですが、季節に応じた食材を使い、栄養バランスも考えられている

給食があることに、また感謝の気持ちも湧きました。

冷たいものを摂りすぎない

暑いとついつい口にしてしまう、冷えたアイスやジュース。

数日に1回など適量であれば、疲労回復にもつながりますが、

毎日のように沢山摂ってしまうと、体が冷えて、血の巡りが

悪くなり、胃腸が弱って、結果、食欲不振になってしまいます。

夏の間は特に、アイス、ジュース、果物などの糖分に注意をして、

栄養不足に気をつけたいですね。

ビタミンB1を摂る

うなぎ、豚肉、あじ、大豆(納豆、豆腐)、玄米、枝豆、切り干し大根など

⇒ これらのビタミンB1を含む食材と一緒に、にんにく、ネギを摂る。

⇒ ビタミンB1の働きが高まる。

ビタミンB1は、疲労回復に役立つ栄養素であり、ブドウ糖をエネルギーに変える働きがある。

⇒ 体温調整をする自律神経を整えてくれる。

※ ビタミンB1が不足すると・・・

⇒ 乳酸(疲労物質)が増加する ⇒ 夏バテを引き起こしやすい

まとめ

暑い時期とは言え、体調に気をつけていきたいですね。

温かいものも摂ったり、お風呂に入って汗をかくなどして、

冷やすばかりでなく、体を大切にしたいところです。

夏バテしないためにも、睡眠もしっかりとるようにしたいですね。

いかがでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする