ストレートネッグの症状と原因とは

こんにちは。みつ豆です。

なんだか、最近背中や首が痛いな~、

肩こりかなと思っていたら……

ストレートネッグか…..

症状は?原因はどうなんでしょうか。

以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関節痛のイラスト(首)

ストレートネッグとは

頚椎の生理的前湾角度30度以下の首の状態のことです。

首がまっすぐに歪んだ状態のことを指し、病名ではありません。

正常な人の角度は30~40度とされています。

慢性的な頭痛、肩こり、首の痛みに悩む人の多くが、

この角度が少なく、首が通常よりもまっすぐだったりするわけです。

症状

肩こり、頭痛、首の痛み、手のしびれ、背中の痛み

上が向きにくい、めまい、ふらつき、自律神経失調症など

原因

首には、たくさんの神経や、血管が通っているのですが、

長時間同じ姿勢でいると、血流も悪くなってしまいます。

特に、パソコンや、スマートフォンなどを使用していると、

どうしても、姿勢が前のめりになってしまいがちです。

主な原因は、その前のめりの姿勢が慢性的に続くことや、

首を下に向けた動作が続くことで、姿勢が悪いことや

猫背からくるものです。

対策

  • 姿勢を気をつける

胸を張って正しい姿勢にする

⇒ 体に取り込める酸素の量が30%も違う

※ 特に下を向く動作の多いスマートフォンを操作している姿勢は、

深呼吸がしづらく、体内の血行も悪くなってしまいます。

呼吸も浅いため、鎖骨呼吸や、肩呼吸になってしまい、

首や肩、背中周りが緊張状態にあるのです。

  • 腹式呼吸をしてみる

息をまずは吐くことを意識してやってみましょう。

胸とお腹に手を当てる ⇒ 息を吐く ⇒ 吸う

椅子に座った状態ならば、重力が地面方向に働き、お腹がふくらみやすく、

お腹に力を入れてへこます動作がしやすいです。

※腹式呼吸をすることによって、リラックス、ストレス軽減にもつながり、

免疫力アップ、体幹や精神も安定し、ぽっこりお腹や胃下垂の改善も期待できますね。

  • タオル枕で少し寝てみる

まず、バスタオルを縦方向(長い方)に2回折る。

次に短い横方向に1回折る。

バンドなどで留めて完成。

5~10分くらい、首の下に敷いて仰向けで寝れば、O.K.です。

費用もかからず、気軽に出来て、効果もあります。

整体の先生からみても、よいとされています。

まずは、こちらで、改善してみてもいいかもしれません。

  • 腕を1~2分回す

右腕を前回し、左腕を後ろ回しする。

逆回しもする。

※マッサージ師の施術30分程と同等の血流改善効果が期待できます。

実際やってみたのですが、やり始めは、あれ?と同じ方向に両腕回して

しまったり、逆回しはどっちがどっちだ?となってしまいましたが、

意識してやってみると、ほんとに血流の流れが良くなった感じがしました。

腕を回すことすら意識しなければ、普段しませんから、

試してみてもいいですね。

※ 体内の血行が悪くなると、首とは関係ない失調症が起きたりします。

⇒ だるい、疲れやすい、やるきが起きない、冷え性など

まとめ

呼吸や血液の流れってやっぱり大切なんですね。

意識して、まずは、1つ、出来ることから改善していきたいですね。

姿勢を良くすること1つとっても、ストレートネッグにも、体全体にも

良い効果があるので、気をつけていきたいです。

パソコンを使う男性のイラスト

いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする